安野モヨコ展 STRIP!「タカハシー!」な感想(池袋パルコ7F)

安野モヨコ展

行こうと思ったきっかけは、Twitterで見た『ハッピー・マニア』の展示。安野モヨコ作品では、ハッピー・マニアが好きなんです。

ハッピー・マニア

原画展では珍しく会場内写真撮影OKだったので、私のようにTwitterきっかけで行った人結構いるんじゃないでしょうか?

 

感想

STRIP!?

最初展覧会名を見て少し驚きましたが、安野さんらしいネーミングだと思いました。漫画家として生の原稿を見せることは、ある意味『裸にする』ってことなのかな?

年表

安野モヨコさんの年表が展示してありました。見てみると、「あれ?知ってるぞ」ということがチラホラ。

マンガの道―私はなぜマンガ家になったのか

ロッキング・オン
売り上げランキング: 34,214

昔読んだこの本に書かれてたんですよね。10年ぐらい前の本ですが、読み応えがあって面白かった。売っちゃったことを後悔。

鼻下長紳士回顧録

鼻下長紳士回顧録

『鼻下長紳士回顧録・さくらん・オチビサン・働きマン・シュガシュガルーン・ハッピーマニア』は作品の雰囲気に合わせた個別展示スペースがありました。『鼻下長紳士回顧録』は入り口すぐのムービーエリアに人がたまっていたので、奥に設置して欲しかったな。位置としては暗いし、初めにムービーを見せる感じで良かったんですが、入り口が渋滞しちゃうのはちょっと困った。

ハッピー・マニア

ハッピー・マニア

この絵見れただけでも来たかいあったー!シゲタとタカハシのど突き合い好きなんです。これは単行本の最初に入れられてるイラストで、全部は公開されてなかったけど見れて嬉しかった~。あと、展示背景の黄色いボードは漫画のコマが敷き詰められているので、ネタバレしまくりです。原画展でネタバレも無いですが、出来れば原作を読んでから行って欲しいなと思いました。

安野モヨコ原画展ハッピー・マニア

「ろさんじんが」は何度見ても笑える。

さくらん

安野モヨコ原画展さくらん

『さくらん』は読んだことがなかったので、急遽電子書籍を購入して電車の中で読みながら会場へ行きました。ギリギリ池袋に着く前に読み終えた!情緒も何もない!だけど、読まないで行くより遥かに良かったです。展示も楽しめました。

安野モヨコ原画展

そして、この展示の仕方。面白いけど柵じゃまー!(笑)柵の間から覗くように鑑賞しました。邪魔って書きましたが、この展示方法すごく良かったです。

安野モヨコ原画展STRIP!

あと単行本未収録の第二部原稿の展示もあり、そこは少し混んでました。私も読んだことなかったので、読み読み。

シュガシュガルーン

安野モヨコ原画展シュガシュガルーン

可愛かったです!!!

シュガシュガルーン原画

このイラストは特に少女漫画誌だーって雰囲気がすごくあり、お気に入り。

シュガシュガルーン原画

こういう質感が見えるのも原画ならでは。あとシュガルンのコマを模様で分けた所、印刷物だとちょっと安っぽく見えたんですが原画だとそんなこと無く不思議に感じました。

働きマン

安野モヨコ原画展

こちらもまた凝った展示スペースで大きな雑誌がどどんとありました。働きマン読むと、コンビニの納豆巻き食べたくなります。(^^)

安野モヨコ原画働きマン

さっきの巨大雑誌の反対側に働きマンの原画がギッシリ。特にこの絵が好き。綺麗です。

オチビサン

オチビサン原画展

可愛らしい展示スペースで、動画も見れました。

個別の展示スペースはないけれど

安野モヨコ原画展

他の作品の原画も展示されていました。個人的に、『花とみつばち』の個別の展示スペースが無かったことが意外。『花とみつばち』の「良いジーンズ履けば上のTシャツは何着てもよく見える」、みたいなエピソードが印象的で当時「なるほど~」と思ったことを未だに覚えています。

花とみつばち(1) (ヤングマガジンコミックス)
講談社 (2013-03-20)
売り上げランキング: 55,520

途中で読むのやめちゃったんで、ラストどうなったか知らないんですよね。そういう漫画結構あります。

 

おまけ

安野モヨコ展チラシコルセットの跡

展覧会のチラシ、コルセットの跡がエンボス加工になってました。触ると凹んでる!面白い~!

 

終わりに

最後にグッズ売り場があり、ポストカード2枚買って帰りました。平日の午後だったので空いてましたが、土日はどうだろう?入場料500円でこの展示が見れるのは良いですね。あと、会場がパルコなのでパルコカード持ってれば半額、クラスSなら無料です。

展示を見たら久しぶりに『ハッピー・マニア』が読みたくなって、読み返してます。今5巻目。最初は、昔ほど楽しめないかな?と思いましたが読み進めていくうちにはまってしまい、やっぱりこの作品のパワーはすごいなと感じました。

作中に登場する男性が、いわゆる少女漫画の理想の男性ではなく妙に生々しい。ドラマも見たいと思ったんですが、DVD化されてないんですね。中古VHS以外に見る方法は無いのかなぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク