『山形R不動産』さんが素敵

すてき犬

『東京R不動産』をご存知でしょうか?私もよく知らないのですが、

ユニークな切り口で物件を紹介する“東京でいちばん面白い不動産サイト”

引用元:http://wired.jp/2015/09/26/atsumi-hayashi/

だそうです。こういうの大好き!って東京に引っ越すかのようですが、山形にも『山形R不動産』があるんです。山形ってチョイチョイ面白いものがある不思議な街ですね。

 

山形R不動産のこと

「山形R不動産」は、「東京R不動産」提携のもと、東北芸術工科大学 建築環境デザイン学科を中心とした「NPO法人 環境デザイン会議」が運営するウェブサイトです。

引用元:http://www.realyamagataestate.jp/about.html

学生のうちから、実践的なことが出来るって面白そうですね。(大変そうだけど)それに学生ならではの視点もありそうです。

市街地に点在する空き物件の活用方法を提案すること。地方都市が抱える問題を、デザインと使い方のアイデアによって少しでも解決して行こうという試みです。

引用元:http://www.realyamagataestate.jp/about.html

これも素晴らしいと思います。

 

面白い物件に住みたい

昔Casa BRUTUSという雑誌をよく読んでました。

CasaBRUTUS

建築を中心としたアート系雑誌で、面白い建物を見るのが楽しかったです。何年前のどの雑誌かは忘れましたが、家賃が月10万円ぐらいするデザイナーズマンションが紹介されていました。

「ここに住みたい!」

でも、ここに住んだら家賃を払うだけで精一杯。それ意外の欲をほとんど捨てなければいけません。それどころか、生きていけるかどうかも怪しい。でも、毎日暮らす家がワクワクする楽しい場所だったらすごく幸せだろうな~!

『山形R不動産』や『東京R不動産』を見てたらその時の気持ちを思い出しました。

 

賃貸の今後

人口が減って空き部屋が増えると言われてますね。変わらない所もあるでしょうが、他の賃貸との差別化として面白い物件がもっと増えたらいいなと思います。

 

こんなマンションに住みたい

  • バス・トイレ別
  • ストーブ等しまえる収納がある
  • 断熱性が高い
  • キッチンは黄色いタイル張り

黄色は、なんとなくテンションが上がりそうだから。晴れの日が少なくても、台所が明るいと気持ちも明るくなりそうだし。

 

気になる話

『山形R不動産』のHPを見てたらこんな記述が。

山形の冬、舐めないほうがいいですよ...

引用元:http://www.realyamagataestate.jp/estate-data/0217002513.html

山形の冬、正直よくわからないんですよね。冬行ったことがないのが一番の原因ですが、東北出身の人から聞いた話では

  • 盛岡より寒くない
  • 仙台より寒くない
  • 雪が降る地域の方が寒くない

と、ちょっと安心するようなことばかり。でも、寒いですよね。東北出身者の『寒くない』ほどあてにならないものはないし・・・(冬に半袖着たり、体感温度に大きな差があるから)

北陸に引っ越した人は吐きそうなほど寒かったと言ってました。なんか怖いよ!なかなか体感温度を言語で伝えるって難しいですね。とりあえず、舐めてはいけないと肝に銘じておこう・・・。

 

不動産漫画

この記事書いてたら思い出しました。

とても珍しい『不動産漫画』。舞台は東京なんですが、読んでるとものすごく引っ越ししたくなります。(笑)読んでて、「いいな~住みたいな~!」って思える賃貸がポンポン出てくるんですよね。少し東京の地理に詳しくなれるし、これから上京する人にはオススメかも。

 

終わりに

最初に山形には面白いものがチョイチョイあると書きましたが、『世界報道写真展』も山形で開催されました。(2014年)なのに、2015年と2016年無い!ショック!一番東の会場が埼玉県って!!(大分・福岡・広島・大阪・京都・滋賀・東京・埼玉)また山形で開催されないかな・・・。ニュース映像より、1枚の写真から出される情報のほうが強烈に刺さるんですよね。

// 次の移住記事は9/16(金)投稿予定です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク