ちょっと意外?私の好きなジブリ作品ベスト3

先日、CAKESで読んだコチラの記事

『耳をすませば』が好きな男に悪い人間はいない | 結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜 | 菅沙絵 | cakes(ケイクス)

本当かな?でも、好きな作品でなんとなくその人のことがわかるかもしれませんね。ということで、私の好きなジブリ作品を3つ挙げて熱く語ってみました。

 

3位 耳をすませば 監督:近藤喜文

見た回数はダントツ1位です。100回は超えてるでしょう。恐ろしい!!というのも、中学生の頃大好きで常にビデオデッキに入れておいて、まるでBGMのようにひたすら流す生活をしてたからです。1日3回見た日もありました。見過ぎ。

それでも飽きず、毎回楽しめるってすごい。ジブリは画面の情報量がとにかく多いので、何度見ても退屈に感じないんですよね。むしろ1回だけだと情報が処理しきれないので、何度も見たくなる。

単純に情報量だけじゃなく、中学生の青春物語としても面白いです。中学生の世界だけで完結してるんじゃなくて、歳の離れた姉や地球屋の店主さんなど幅広い年代の人と関わって成長していくので、閉塞感が無くこれから大人になっていく、社会に出ていくということの第一歩を感じられる作品でした。

少女漫画雑誌『りぼん』が好きだった事も、この作品に惹かれた理由の1つですね。よくぞこの作品をアニメ化してくれました。漫画原作をアニメ化した作品の中でも、大成功だと思います。あと、作者の柊あおいさんの作品では星の瞳のシルエットがとにかく名作なので是非読んで欲しい!

アニメというとファンタジックな世界が多いですが、舞台が新興住宅地とリアルで、そのリアルな環境をアニメーションで描くことにとても魅力を感じました。今見ると時代の違いも感じて面白い。世界観は全然違うけど、リアルな現代日本の背景描写としては機動警察パトレイバーも同じ様に魅力的です。

見方を変えると恐ろしいことに?→恐るべきストーカー男『耳をすませば』の天沢聖司に見る恋愛の駆け引き こういう視点もあるのか!と面白かったですが、イメージを崩されたくない人は見ないほうがいいです。(^^;)

 

2位 海がきこえる 監督:望月智充

こちらも日本が舞台の現代物。こういう作品が好きなんですよね。全体的に頑張ってなくて、ゆるいんだけど緊張感がある作品。

舞台は高知県。登場人物の半数以上が土佐弁を使います。方言って良い!高知のことを全然知らなかった私にはすごく新鮮でした。ジブリで47都道府県を舞台に作ったアニメを作って欲しいなぁ。

この作品は是非、10代の時に1度、20代以降に1度見て欲しい!見え方がガラッと変わります。私は印象が180度変わって、なんだこれ!とびっくりしました。

正直10代の頃はそんなに面白くなくて冷めた印象だったのが、20代に見たら面白すぎてこれもかなり見ました。50回ぐらい。

現代の学生ドラマではある程度マンネリとか似たような要素が多いものですが、この作品はそれが少なくて知らない世界を見てるようで楽しめました。

原作小説も面白いです。アニメのその後も小説で読めます。(私はアニメ版より原作のストーリーが好き)

 

1位 もののけ姫 監督:宮﨑駿

単なる好みで言ったら、「耳をすませば」「海がきこえる」の方が上かもしれませんが、世界観・映像・音楽ありとあらゆるもので圧倒されたもののけ姫を1位にしました。宮﨑駿監督の最高傑作だと思っています。

圧倒されすぎて何も言えない\(^o^)/そうそう、最近この作品を残酷だとか言う人がいるそうでちょっと驚きました。言われてみればそうですが、でも当たり前のことなので辺にぼかしたり見せなかったりする方がおかしい気がします。

アシタカの「生きろ」という強い言葉は、見ているこちら側にも響きます。生きるのが辛い、そんな時にこの映画を見て鼓舞して貰うのはどうでしょうか?意外と効きますよ。

 

番外編

山形が舞台の『おもひでぽろぽろ』

山形に住みたいと思ってから見返した作品。この作品は主人公の子供時代のほうが印象に残っていたので、「そういえば山形だったー!」とだいぶたってから気が付きました。

当時は山形のことをまったく知らなかったので、紅花ぐらいしかわかりませんでしたが、今見るとおしどりミルクケーキ山寺にも気付けました。今は無き寝台特急で山形に行くのもいいですよね。山形駅が全然違ってびっくりしました。

サントラでは1番『魔女の宅急便』

魔女の宅急便 サントラ音楽集
サントラ 荒井由実
徳間ジャパンコミュニケーションズ (2004-09-29)
売り上げランキング: 3,577

名盤です。素晴らしい曲だらけで何度聴いても楽しい。特に海の見える街は大好きです!

TV番組のBGMで使われてる曲もありますね。身代わりジジとか仕事はじめとか。ガラケーの着信音にも使用していました。デッキブラシでランデブーもいいなぁ!

他にサウンドトラックでは、『ハウルの動く城』と『耳をすませば』も好きです。ハウルはメインテーマが良すぎる。

 

終わりに

私のベスト3はこの3作品です。何でベスト3なのかと言うと、4位以下との差が激しいからです。ずば抜けてこの3作が好き。そして、この3作に対して好きな気持はだいぶ拮抗しています。耳をすませばが1位でも良かった気がするし、実は海がきこえるが1位なのかもしれない。(笑)

最初に、『耳をすませばが好きな男に悪い人間がいない』という記事を紹介しましたが、これについてどう思いますか?私は天沢聖司はストーカー男のまとめを読んだせいで、悪い人間じゃないって言い切れるのかな?などと邪推するようになってしまいました。読むまでは、「悪い人いなさそうだよね」なんて思ってたのに。

個人的に、海がきこえるが好きな人とは仲良くなれそうだと思っています。今まで会ったこと無いですが・・・。みんな見て!海がきこえる、見て!

関連記事:不思議な空間。三鷹の森ジブリ美術館 感想

スポンサーリンク
スポンサーリンク