営業が辛い人へ

営業職

お仕事お疲れ様です。営業職って辛いですよね。向いてる人は上手くいった時の達成感がたまらない様ですが。今回は営業を追い払う仕事をしてる私から、営業が辛い人に伝えたい話。

 

営業うぜえ!

言葉は大変悪いですが、こんなこと考えながら対応してます。考えてみてくださいよ。営業の相手したって、こっちは何の得も無い。たまに有益な情報・サービスを持ってきて下さる人もいますが、基本要らないものです。その要らないもののために、自分の仕事を中断させて話を聞かなければいけない。

友人が営業に行って怒鳴られて心に傷を負っていましたが、正直怒鳴った人の気持ちもわかる。

「お忙しいところ申し訳ございませんが・・・」

「だったらくるんじゃねーよ!」

・・・そう思うよね。怒鳴るのは厳しい気もしますが、営業の相手をするのも結構ストレスなんです。特に忙しい時とか。だからもう、これは一種の闘いなんですよ。営業先の人が親切に、時間を割いて自分の話を聞いてくれて、その上契約してくれるなんてファンタジー。柔よく剛を制すつもりで強い心を持って、上手く立ちまわって欲しいです。今はダメな時だなって察したら、さっさと帰ったほうが良い。上司に怒られるかもしれないけど、ダメな時営業して上手くいくスキルが無ければ関係は悪化するだけです。何でも努力・一生懸命すれば良いってもんじゃない。

私も営業はうざいなーと追い払ってますが、会社を出れば同じ社会に生きる人同士なので無駄に傷つけたりトラウマ発生させる様なことはしたくありません。怒らせることはしないでね。

 

腹を立てた思い出

営業の人は人格者が多く、断っても「また機会があったらお願いしますね」と笑顔で去って行きます。私には出来ない・・・!でも中にはあからさまに不機嫌な態度をする人がいます。あと「お前なんかダメだ。社長出せ。」をやんわり言ってくる人もいます。そういう人は話すのをやめて放置したいです。

 

電話の怪しい営業

話してて怪しいなと思ったらつい電話番号を検索してしまいます。そうすると、「すごい失礼なやつだった!」等々情報が共有されてるサイトが出てきます。同じ様に対応してる人がいるんだなーと思うと面白い。(笑)この仕事してなかったら絶対見なかったサイトです。

 

無駄な営業電話

掛ける意味あるのかな?という電話も多いです。「いらない」って言っても何度もかけてくる。その電話をかける人にもお給料が発生してる。ちゃんとビジネスとして成り立ってる?明らかに怪しい会社でも無くならないってことは、契約してる人がいるんだろうな・・・と心配になります。

話を聞く前にガシャン!と電話を切るベテランの人がいますが、私はまだその域には達していません。容赦無い。忙しいですからね。

 

終わりに

あなたを冷たくあしらってる人も同じ社会に生きてる人間です。うざいけど営業が憎いわけでは無い。だからあまり気にせず、仕事だと思って割りきって欲しいです。あと、向き不向きは確実にあると思うので無理はしないで下さい。怒鳴られた友人は営業辞めました。

あと、営業の仕事って無駄に感じる事が多いのですが、もっと効率的に出来ないものかな?戦略的に。断られて心を鍛えるのも仕事の1つかもしれませんが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク